ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

電機・電子・エレクトロニクス関連NEWSHEADLINE

2019.02.28 アイ・ディー・エスがIMX226センサ搭載高画質産業用カメラ開発!


アイ・ディー・エスは、高解像度12メガピクセルのローリングシャッタ式センサIMX226をuEye CPカメラ・シリーズに搭載し解像度・速度・感度を高めた新モデルを開発、GigEとUSBインターフェイス仕様を2019年5月から発売する。

同カメラは、SONY社製センサSTARVISシリーズ採用の裏面照射(back-side-illumination:BSI)技術により、暗い環境でも高画像を実現する。
極めて低ノイズな画像が得られるほか、顕微鏡や医療、物流・交通監視分野の用途に適している。

uEye CPカメラは、1/1.7型センサを搭載しているが、わずか29×29×29mmとコンパクト。コストパフォーマンスに優れた多数のレンズが選択可能なほか、カラー仕様やモノクロ仕様も用意している。

さらに、これらのカメラにはIDS独自のソフトウェアを用意して、実質的にプラグ&プレイで使用できる。
カメラのモデルをシステムが自動で認識するため、すぐに利用できる。

☆uEye CPカメラの主な特長
(1)USB 3.0とGigEインターフェイスに対応
(2)Sony社製STARVISシリーズの12メガピクセルCMOSセンサ
(3)4000×3000画素。画素サイズ1.85μm
(4)極めて高い光感度で低ノイズ

産業用カメラメーカーのIDS Imaging Development Systems GmbH は、高性能で使いやすいUSB、GigEおよび3Dカメラを開発、多彩なセンサーとモデルを取り揃え、研究開発分野ほか、装置や工場設備等の機械工学をはじめとする様々な産業分野で活躍している。
CMOSセンサーカメラに加えて、ビジョンアプリベースのセンサーとカメラも製品にラインナップ。なかでも斬新な画像処理プラットフォームIDS NXTは、自由にプログラミングでき、汎用性に優れている。

同社は、1997年に社員2名で創立。現在、280名以上のISO認定ファミリー企業としてグローバル展開している。
ドイツ・オーバーズルム (バーデン=ヴュルテンベルク) に本社を構え、開発・生産を行うほか、アメリカ、日本、韓国、イギリスに支社を開設するほか、ヨーロッパ諸国にオフィスを設けるなど、国際的なプレゼンスを確立している。

日本法人のアイ・ディー・エス株式会社、〒140-0001 東京都品川区北品川1-1-16 第2小池ビル7階。
繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>