モノづくりの未来を見詰める私的製造業応援サイト サイトマップ 
ホーム リンク
コンテンツ 個人情報取扱
ニュース掲載ガイド プロフィール
お宝WEB新聞 管理人の部屋
Japan Otakara News Headline
  2019/06/03  オークラ輸送機が自動搬送ロボットの販売を開始!


自動搬送ロボット
「バドラー」
オークラ輸送機は、インドのグレイオレンジ(Grey Orange)社と販売契約を締結し、自動搬送ロボット「バトラー(Butler)」の日本国内販売を6月3日から開始した。
同社はバトラーを製品ラインナップに加えることで、物流倉庫の高度化するマテハンニーズに応え、最適ソリューションを提案する。


グレイオレンジ社は、2011年にインドのグルガオンで設立された物流倉庫用ロボットのスタートアップ企業。
本社をシンガポールに置き、ロボット工学とソフトウェアエンジニアリングを駆使した新しい倉庫オペレーションサービスを提供する。


同社が開発した自動搬送ロボット「バトラー」は、可搬式商品棚を下から持ち上げ、ピッキング作業者の手元まで運ぶ搬送ロボット。床面に貼られた2次元コードをカメラで認識しながら、商品棚と作業者が待機するステーション間をロボット同士がぶつかることなく自動走行する。
作業者は移動することなく、商品の棚入れやピッキングを行うことができるため、作業効率が向上するほか、大幅な省力・省人化が実現できる。


バトラー本体は最大積載荷重600kgと1600kgの2タイプが選択可能。
ロボット本体とロボット専用の商品棚、ピッキングや棚入れを行うワークステーション、システム全体を制御するソフトウェアで構成され、新設倉庫だけでなく、既設の倉庫でも導入可能。
また、物量の変化に合わせ1台単位で増設できるフレキシブルな拡張性も備えている。



































機械新聞 管材新聞 IDOデジタル出版 幸乃湯温泉 Jazz&Salsa Singer Mayumi Hara

Copyright (C) 2012 Japan Otakaranews All Rights Reserved.