ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2019.8.8 プロトラブズが「Super Solid Mountain®」のメンテナンス部材の開発・製造に協力!


プロトラブズ合同会社は、東京製綱が、索道用新型ワイヤロープ「Super Solid Mountain®」の継ぎ目部分を矯正するパーツの製造に、プロトラブズのオンデマンド射出成形による小ロット生産サービスを採用したことを発表した。

130年余りの歴史を持つ東京製綱は高性能ワイヤロープ製造のパイオニアで、ワイヤロープにおいては、エレベーター、建設機械、水産業、鉄鋼業を中心に高いシェアを占めている。髪の毛よりも細い極細ワイヤから索道用ワイヤロープ、明石海峡大橋を支える強高度ワイヤまで、幅広い製品を製造・販売している。

今回、同社がプロトラブズに発注したメンテナンス部材が使用される索道用ワイヤロープは、ゴンドラやスキーリフトなど空中吊り下げ式輸送機に使われる強靭なワイヤロープであり、同ワイヤロープには継ぎ目がある。この継ぎ目の耐久性がロープの品質、コストパフォーマンス、安全性を左右する。

東京製綱では、索道用ワイヤロープの劣化につながる継ぎ目部分の歪みを極力抑えるため、ワイヤロープの軸に使われる耐衝撃性に優れた高密度プラスチック樹脂を利用して、継ぎ目部分に合った矯正パーツを開発することにした。

試行錯誤を重ねた結果、同社が以前に切削加工による小ロット生産を依頼したプロトラブズに相談し、前回提供された品質、コスト、スピードに好感を抱いていた点からも、最終的にプロトラブズのオンデマンド射出成形による小ロット生産サービスを採用した。

東京製綱 技術開発本部 研究所部長の山本幸仁氏は、プロトラブズのオンデマンド射出成形サービスについて「見積もりやデータ修正のレスポンスが早いだけでなく、とにかく戦力になる」と述べている。

継ぎ目部分に使用される矯正パーツは1本あたり6個、今回はサイズの異なる7タイプを各50個ずつ発注。
サイズの異なる7タイプの金型で同時に小ロット生産を依頼しても、スケジュールに支障なく、確実にスケジュールを見通すことが可能。
矯正パーツはワイヤロープの軸棒と同じ高密度ポリエチレン素材を使用することが必須。
支給・調達材実績1,900種以上のプロトラブズの心強いフレキシビリティさが評価された。

今回、プロトラブズが納めた矯正パーツは、他のユーザーからも問い合わせがあり、販売用として追加発注したほど好評だった。

山本氏は「こうした成功は、今回成形したパーツの精度の良さによるところが大きいです。ロープウェイやリフトなど索道用のワイヤロープは人の命がかかる最重要部材。その品質を向上させることは、運行の安心安全はもちろん、さらには事業そのものの信頼性向上に貢献するものです」と指摘する。

東京製綱 市場技術部 部長 草皆弘毅氏は、「今後、欧米市場に参入する方針で活動中です。プロトラブズが必要な部材を必要な個数ですばやく供給してくれるので、安心して営業を展開できます。今後もパーツのバリエーションを増やしていく予定です」と述べた。

なお、プロトラブズは2019年9月18日(水)~20日(金)ポートメッセなごやで開催される「第2回名古屋オートモーティブ ワールド-クルマの先端技術展-」に出展する。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>