ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWSHEADLINE

2019.8.27 イグスが新歯付きベルト駆動アクチュエータ開発!


イグスは、薄型のドライリンNリニアガイドをベースとした超小型の歯付きベルト駆動アクチュエータ「ドライリンZLN」を開発した。
新型アクチュエータは標準部品で構成されているため簡単に組み立てられ、コスト削減と短納期を実現する。

モーション・プラスチック カンパニーのイグスは、無潤滑かつメンテナンスフリーのすべり軸受からリニアガイド、すぐに設置可能なラインガントリーなど、産業界向けに単体あるいはシステムとして使用可能な樹脂ソリューションを開発。
今回、新たに開発した「ドライリンZLN」は、ドライリンN薄型リニアガイドと歯付きベルトを組み合わせたリニアアクチュエータで、高さ27mm、幅40mmというコンパクトな構造で、自動販売機やサービスロボット、オートメーションシステムの狭い設置場所にも迅速かつ容易に取付けることができる。

「ドライリンZLN」は、歯付きベルトとボールベアリングの組み合わせで高速動作が可能になり、1回転当たりの移動距離60mmを実現。
垂直方向での使用時には最大20Nの荷重まで対応可能。

また、キャリッジは高性能樹脂製のため、無潤滑でメンテナンスフリー。
さらに湿気や汚れ、塵埃への耐性があり、常時稼働する機械に大きなメリットになる。

新しい歯付きベルト駆動アクチュエータは簡単な組付けで、低コストオートメーションを実現。
ドライリンのモジュラー式標準部品で構成されているため迅速に組み立てることができるほか、樹脂製のため軽量であるだけでなく、コストパフォーマンスにも優れている。
NEMAステッピングモータまたはEC/BLDC DCモータから選択でき、最大ストローク750mmまで希望サイズが注文できる。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>