ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2019.9.4 工機ホールディングスが欧州・日本・APACのプロダクトマネジメントを強化!


工機ホールディングス(社長執行役員兼CEO:森澤篤氏)は、9月1日付でノア・ガーバー氏を顧問として招聘。欧州・日本・APACのプロダクトマネジメントにおける戦略立案および推進を担う上席執行役員に任命する人事を発表した。就任は2019年10月1日を予定している。

ノア・ガーバー氏は、大手電動工具メーカーでの経営経験に加え、チャネルマーケティング、事業開発、プロダクトマーケティング、新製品開発など幅広い知見を有し、欧州、日本、APACのプロダクトマネジメントの統括責任者に迎えることで、グローバルベースでの製品ポートフォリオの最適化を実現し、製品競争力の増強と顧客ニーズにマッチした製品の企画開発に注力する。

ノア・ガーバー氏は、コロンビア・カレッジを卒業後、サンダーバード国際経営大学院でグローバル・マネジメントのMBAを取得。
2004年に建設用の工具・材料を製造・販売するヒルティ米国支社に入社。マーケティング、医療機関・工場向け営業、耐火製品担当、地域商業・公共担当営業マネージャーを経験。2010年にロバートボッシュ社に入社後は、アクセサリー担当チャネルマーケティングマネージャーを経て、事業開発、プロダクトマーケティング、新製品開発のリーダーを歴任。2010年より同社北米地域の代表に就任した。

一方、工機ホールディングスは、2018年6月に「工機ホールディングス」に社名を一新。「HiKOKI(ハイコーキ)」「metaboHPT(メタボ・エイチ・ピー・ティ)」「metabo(メタボ)」を含めたマルチブランドのもと、顧客視点で極上のエンドユーザー体験を創造して提供することをめざし、製品の開発から上市までを担うプロダクトマネジメント室を新設。今回、電動・空気工具のプロダクトマネジメント領域における豊富な知見を有するノア・ガーバー氏を欧州、日本、APACのプロダクトマネジメントの統括責任者に迎えることで、グローバルベースでの製品ポートフォリオの最適化を実現し、製品競争力の増強と顧客ニーズにマッチした製品の企画開発に取り組んでいく。

また、真のグローバルリーダーをめざす「セカンドステージ」を歩む工機ホールディングスの幹部陣に、グローバル企業での長年にわたる経営経験を持つノア・ガーバー氏が参画することで、組織の更なる活性化を図り、変化の激しいグローバル市場にも果敢に挑戦できる体制の構築に注力していく。

同社は、中長期的な視点に立ったさらなる成長を視野に組織体制をより一層強化し、顧客視点に立ったより良い製品とサービスの開発に努め、プロのための「極上」の製品体験を創出し、その情熱と信頼に応えていく。

工機ホールディングスは、ドライバ、ドリルなど約1,300機種の電動工具、釘打機などのエア工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナーや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群および超遠心機などの理化学機器を製造販売するリーディングカンパニー。
70年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルな事業展開を行っている。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>