ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2019.9.5 ゼネテックが3Dシミュレーションソフトウェア最新版「FlexSim2019日本語版」開発!


ゼネテック は、人・物・時流れを可視化する3Dシミュレーションソフトウェア最新版「FlexSim2019日本語版」を2019年9月13日にリリースする。

同ソフトは、米国ユタ州に本社を置くFlexSim Software Products,Inc.Inc.(フレックスシム ソフトウェア プロダクツ社) の離散事象シミュレーションソフトウェアのスタンダード「FlexSim日本語版」の最新版。ユーザーインターフェースに加え、ヘルプファイル、チュートリアル等の各種ドキュメントも日本語化。トレーニング教材も日本語で提供する。

「FlexSim」は工場、生産ライン、物流倉庫、商業施設など全体を可視化し、課題を発見。複数の改善案から最適なソリューションを導き出す、最先端のシミュレーション手法。「生産性の向上がうまくいかない」、「人手不足で事業の継続性が不安」、「老朽化した工場の立て直しのアイデアが出ない」、「工場内の物流・動線がうまく計画できない」、「材料や仕掛品の管理がうまくいかず販売機会を逃してしまっている」、「店舗や施設内の待ち時間を減らしたい」等々FlexSimは現状の分析から課題を発見し、複数の改善案をわかりやすい3Dのグラフィックスと各種グラフで可視化することができる。コスト削減や人員不足への対応などの課題を解決し、生産性・利益向上に貢献する。

主な適用業界としては、自動車業界、機械製造、工場内物流、食品製造、マテハン、建設、3PL(物流倉庫)、医療、プラント、商業施設など多岐に対応する。

詳細情報については http://www.mastercam.co.jp/FlexSim.htmlを参照。

☆最新版の主要な機能強化
(1)PLM系システム(ERP)とのダイレクト インポート/エクスポート
 事前の構内物流/工程在庫/人員配置/入出庫の各予測&事前再現の検討を可能する。

(2)製造業向けの高性能で軽量な3Dデータを読み込み
 設備/機材/金型/ラインの事前見える化で検証やデータに訴求力UP。

(3)エミュレーションツール(デジタルツインに対応)
 各機器の状態をリアルタイムで確認して適切な状態に保つことができる。

(4)A*モジュールの機能強化(動線検証機能)
 人個々の動き分析(直行交差/回転数&時間/待機時間/経路分析)と障壁タイプの追加により、より現実に近づいた動線時間と人員数の検討が可能。

(5)コンベアモジュールの機能強化
 このバージョンからリバーシブルコンベアにも対応。メインコンベアの滞留バッファをシミュレートすることができる。
 工程在庫/待機数の具体表示により、検査待ち数(作業バランス)、タクト/人員配置、ライン長の増減検討が容易にできる。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>