ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2019.09.26 三菱電機が汎用インバーター「FREQROL-E800シリーズ」発売!


三菱電機は、汎用インバーターの新製品「FREQROL-E800シリーズ」計44機種を12月9日から発売する。
同シリーズは、次世代産業用オープンネットワーク「CC-Link IE TSN」はじめマルチネットワークへの対応に加え、世界初の「腐食性ガス環境検知回路」を搭載し、業界初のAI技術など最新技術を採用することにより、工場や社会インフラ設備などさまざまな分野のスマート化に貢献する。
同社は2020年4月以降、安全速度制限などの国際規格に適合した安全通信仕様などを順次発売し、製品ラインアップを計120機種に拡充する。

Ethernet仕様機種および安全通信仕様機種は、「CC-Link IE TSN」をはじめ、Ethernet/IP、Modbus/TCPなどの各種産業用オープンネットワークに対応し、工場の生産性向上や社会インフラ設備などの省エネを実現するスマート化に貢献する。

FREQROL-E800シリーズは、世界初の「腐食性ガス環境検知回路」を搭載し、硫化水素などの腐食性ガスに起因したインバーター損傷の予兆を検知し、使用者に生産設備の環境改善を促すことにより、設備のダウンタイムを短縮する。

また、対応ソフトウエア「FR Configurator2」に同社AI技術「Maisart®(マイサート)」を搭載。
業界初のAI技術活用により、過電流などによる設備停止を要因解析し、ダウンタイムを短縮する。

さらに、国際規格に適合した機能安全に対応し、作業者の安全を確保。
安全速度制限を実現する際、速度検出器を用いずに電流値などでモーター速度を推定するため省配線・省コストに貢献する。

Ethernet仕様、標準仕様共に22機種、計44機種。
標準価格は49,800円(税別)~。同社は2020年度85万台の販売を見込んでいる。

近年、製造現場や空調・水処理設備などの社会インフラ設備では、マルチネットワークや高速データ通信への対応、安全に配慮した設備の稼働、スマートフォンやタブレット端末を使用した遠隔監視など、新たなニーズへの対応が求められている。
今回、高速データ通信を実現する「CC-Link IE TSN」をはじめとする各種産業用オープンネットワークに対応が可能な「FREQROL-E800シリーズ」を発売し、さまざまな分野のスマート化に貢献することで、2020年度に約85万台の販売を目指していく。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>