ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2019.10.29 IDSがuEye ACPカメラ活用による、独自ソリューションの構築を提案!


IDS Imaging Development Systems GmbH(IDS)は、新しいuEye ACPコンセプト活用による独自ソリューションの構築を提案している。

標準の産業カメラで対応できない場合は、カスタム仕様の製品が必要になる。
しかし、特に小規模なプロジェクトでは、開発コストが見合わなほど高くなることも多々ある。
これに対し、IDS社が提供する新しいuEye ACPカメラは、柔軟なモジュール設計方式を採用しているため、1台限りのユニットでも独自のソリューションを経済的に作りあげることができる。

新しいuEye ACPコンセプトはユーザーがオンライン構成ツールを使い、わずか数回のクリック操作で希望のカメラをボードレベルで構築し、同社に直接見積り依頼することができる。

ユーザーはインターフェイスとしてUSB3、またはGigE Visionを選択でき、コネクタボード(RJ45・M12・MicroB)やフラットケーブル、レンズマウント等の拡張オプションほか、様々な画像センサも選択できる。
このボードレベルのカメラは、個々の仕様に簡単に合わせることができる。

uEye ACPモデルは、少量でもユーザー独自のカメラが得られる経済的なソリューション。
同モデルは、高い品質とニーズに基づく機能性、簡単な操作性を兼ね備えている。
モジュールシステムを活用することで確実に開発期間を短縮できる。

詳細は:https://jp.ids-imaging.com/acp-cameras.html

産業用カメラメーカーのIDS Imaging Development Systems GmbHは、高性能で使いやすいUSB、GigEおよび3Dカメラを開発し、多彩なセンサーとモデルを取り揃え、研究開発分野をはじめ、装置や工場設備など機械工学を始めとする産業分野に貢献している。同社はCMOSセンサーカメラに加えて、IDSではビジョンアプリベースのセンサーとカメラも製品ラインナップとして展開している。中でも斬新な画像処理プラットフォームIDS NXTは、自由にプログラミングでき、汎用性に優れている。


繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>