ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2019.12.27 三菱電機がパワー半導体モジュール「SLIMDIP-W」発売!


三菱電機は、白物家電のインバーターを駆動するパワー半導体モジュール「SLIMDIPTM」シリーズの新製品として、低ノイズ化と高キャリア周波数駆動時の電力損失低減を実現した「SLIMDIP-W」を2020年1月15日に発売する。これにより、洗濯機や家庭用エアコンなどの白物家電の省エネ・騒音低減・小型化に貢献する。

☆新製品の特長
(1)高キャリア周波数駆動時の電力損失を低減し、白物家電の省エネと騒音低減に貢献。
モーターの騒音低減に有効な高キャリア周波数駆動において最適なパフォーマンスを発揮する高速スイッチング仕様の薄厚構造RC-IGBTを搭載。
スイッチングにおける電力損失を従来製品比で約40%低減し、白物家電の省エネ化・騒音低減に貢献する。

(2)ノイズの低減によりインバーターシステムの小型化・低コスト化に貢献。
RC-IGBTへの低ノイズ化技術適用により、基板上のノイズ対策部品の削減が可能となり、インバーターシステムの小型化・低コスト化に貢献。

(3)インバーター基板の設計自由度向上によりインバーターシステムの小型化に貢献。
高圧側駆動用電源のGND端子を配置することで、インバーター基板上の高圧端子パターンを簡素化し、基板設計自由度の向上およびインバーターシステムの小型化に貢献する。

同社は、スイッチング素子とその駆動・保護を行う制御ICを内蔵したトランスファーモールド構造のインテリジェントパワー半導体モジュール「DIPIPMTM」を1997年に製品化し、これまでにエアコン・洗濯機・冷蔵庫などの白物家電や産業用モーターのインバーターに多数採用され、インバーター機器の小型化および省エネ化に貢献している。
近年、節電と環境保護への意識の一層の高まりにより世界的にインバーター化が進む中、洗濯機市場においては、一般的にモーターの騒音低減が期待される高キャリア周波数駆動に対応した小型・軽量モジュールが求められている。
同社は今回、このニーズに応えるため、SLIMDIPパッケージで低ノイズ化と高キャリア周波数駆動時の電力損失低減を実現した「SLIMDIP-W」を発売する。これにより、洗濯機や家庭用エアコンなどの白物家電の省エネ・騒音低減・小型化などに貢献する。




繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>