ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2020.1.30 日東工器が冷却水の流れを確認可能な「フローモニター」開発!


日東工器は、水配管の流れをひと目で確認可能な「フローモニター」を2月から発売する。
射出成形機で金属や樹脂等の成形品を造る場合、金型を水などで冷却する。
万が一冷却水が流れないと、温度が上昇し成形品の不良や装置に損傷を与えてしまうことがある。
「フローモニター」は、管内の通水が確認できることで、成形不良などの不具合を防止することができる。

同商品は、金型冷却水の流入口に設置することで、赤と黄色の2色の羽根が回転にし、通水していることがひと目で確認できる。視認性に優れ、低水量時でも流体の流れを確認することができる。
使用流量範囲は、2L/min~20L/minまで。流量計等を設置するよりもコストを抑制することができる。

また、水配管内の汚れによる通水の視認性の低下対策として独自の交換可能なモニターレンズを採用。配管を取り付けたままで交換が交換ができるため、メンテナンスが簡単で短時間で行うことができる。
しかも、意図せずにモニターレンズが外れないようストッパーを取り付けたことで、より安全に使用できる。

このほか、型側のネジ部が左右自在に回転するため、取付交換作業が容易に行える。

標準価格(税別)は、取付ねじサイズRc3/8が5,810円。取付ねじサイズRc1/2が8,790円。交換部品のモニターレンズは、1,790円。






繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>