ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2020.3.11 YKTが製品検査を高速化する自動3Dスキャナ提案!


YKTは、製品検査を高速化する高精度自動3DスキャナQVI shapegrabber「ai620」を部品加工市場に提案している。

同機は、米国Quality Vision International Inc.(QVI社)が開発した高精度自動3Dスキャナ。
測定機に高性能レーザヘッドを搭載し、設計データの比較や最終製品の検査を高速で自動スキャンする。
基準マーカや治具を必要とせず、僅か数分で加工物の全周360度を自動でスキャンすることができる。点群データは主要なモデリングソフトウェアに対応する。

「ai620」は、測定器の座標とスキャニングデータの組み合わせにより、メーカー定義校正で許容誤差15+200/Lμmを達成。
熟練作業が不要でワーク全周360度を自動スキャン可能なほか、基準マーカの貼り付け、特別な治具やプログラムも必要なく、僅か数分で完全に点群データを収集する。

また、一般的なスキャナが苦手とする黒色系の樹脂部品やメタル部品などにも、レーザで高精度なスキャンが行える。

さらに、精度を維持する定期的な自動キャリブレーションは、僅か10分程度の簡単操作で完了する。

主な用途として射出成型品、鍛造品、黒色系の樹脂部品、3Dプリンタ製品、プレス部品、人口膝関節等の試作品など多岐にわたる製品の量産検査に対応する。

開発元のQVI社は、1945年創業のOGP社を起源とする寸法測定機メーカーで、画像処理による高精度な寸法測定機及びマルチセンサ3次元測定機を開発、設計、製造している。
創業以来、画像による非接触測定機のパイオニアとして「SmartScope」に代表される、累計3万5千台の製品を世界65ヵ国以上に納入するほか、1985年にはマルチセンサ測定機を発表。2002年にQuality Vision International Inc.(QVI社) が設立され、現在は米国ニューヨーク州に本社を構え、日本国内ではYKTが総代理店販売契約を締結し、日本国内の様々なモノづくり企業に同社の製品を提供している。


繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>