ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

NEWS HEADLINE

2020.3.17 コヒレントが小型ワーク向け金属3Dプリンタを提案!


コヒレントは、小物ワークの生産や研究・開発、教育用途に最適な小型ワーム向け金属3Dプリンタ「CREATOR」を発売している。
同機は、設計要件に制限されない自由な設計・製造が可能。1点のみのカスタム部品の作成や、航空宇宙産業で注目されるパーツの軽量化、構造の一体化による部品点数の減少、組立工数の削減、高機能金型の作成など様々な市場ニーズに対応する。

「CREATOR」はプリントサイズ最大φ100×高さ100㎜までの小型ワーク作成に対応。
機械本体から離れた場所から監視や操作が可能なタブレット型操作パネルを装備するほか、独自の円形リコータにより、無駄のない動きで生産性を向上する。

また、積層ピッチは20~100μmに設定可能。
造形プラットフォームの駆動を支える高分解能エンコーダを搭載し、正確な積層ピッチを実現する。

本体にクリーンルームなどで用いられるHEPAフィルタを2段階で設置し、総合補修効率99.95%の高い補修能力で、造形中に発生したガスや塵を分解し、クリーンな環境を維持する。

さらに最大出力250Wのファイバーレーザを搭載。ガルバノミラー制御で高速造形を実現する。
長寿命ダイオードレーザと空冷方式の採用により、メンテナンス性に優れ、運用コストを最小限に抑えることができる。

☆主な特徴
(1)円形リコーティングを採用し、プリントの高速化と省スペース化を実現。
回転式リコートシステムにより往復運動を無くし、装置の省スペース化と造形スピードの高速化を実現する。
プリント品質を決定づけるリコーダにはラバーブレードを採用し、高密度で機械特性の高い製造を可能にする。

(2)高品質を実現するレーザシステム。
250Wファイバーレーザを搭載し、集光径は最小40μmに設定可能。
パワーロスを最小に抑え、レーザ効率の高い高品質なプリントを実現する。
走査方式はガルバノミラー制御を採用し、微細なワークを高速、高精度に焼結できる。

(3)コヒレント製ファイバーレーザ。
レーザ発振器メーカーが設計・開発した高品質なレーザシステムを採用。
最小入熱で最大限の金属強度を維持した高速造形を可能にする。

(4)高品質なfθレンズ採用。
レーザをプリントエリア全ての範囲で均一に集光させるfθレンズを搭載。
Jenoptik製の高品質な純石英対物レンズを使用し、最小集光径40μmを実現。
レーザ品質を損なわず、微細なプリントを可能にする。

(5)1台2役のタブレット操作パネル。
12.3インチのWindowsタブレット端末を制御パネルに採用。タッチペンを使用せず、指で直感的に操作できるパネルレイアウトにより、短時間で習得・操作できる。
LAN接続設定でCreator本体とリンクさせられるため、手元で操作することはもちろん、稼働状況を別室から確認できる。


繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>