ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

OTAKARA FOCUS

2019 東京機械加工システム展

ジーネットは、2019年11月22日(金)~23日(土)、東京流通センター第2展示Eホールで「2019 東京機械加工システム展」を開催した。
同展示会は“次世代へいざなう最新技術のご提案!”をテーマに、各種工作機械、切削工具、ツーリング、治具、ツールプリセッタ、バリ取り・面取り、センサー・測定・検査機器、省エネ・環境機器、洗浄機、労働安全衛生・保全、自動化・ロボット、IoT・コネクティビリティ、メンテナンス・レジリエンス、加工など、各企業が幅広い製品・技術を一堂に出展した。
期間中は基調講演や技術セミナーも同時開催するなど、製造業の課題解決に向けた様々な提案を各メーカーが訴求した。
  

☆E-PLAN

「MSW-1000HE」は、板金加工品に付着した油や粉塵、酸化物をスビーティーにキレイに除去することができるメタルシート洗浄機。
同洗浄機は、ケミカル業界とは異なる機器開発メーカーの科学技術から誕生したスーパーアルカリイオン水「SAIW」を採用。この「SAIW」は、用途に合わせて異なるpH値のアルカリイオン水を生成できる。
「MSW-1000HE」は、パンチング・プレス加工の油や粉塵をはじめ、レーザ加工の酸化物をワンパスで洗浄・乾燥。熱・水流・SAIWの3つの要素技術を最高のチューニングで仕上げたハイエンドなメタルシートウォッシングマシン。バーリングなどの表面に突出のある成形加工品や穴の空いた製品に対応。次工程の回転式研磨ブラシへのヨゴレ付着予防、別素材へのヨゴレ再付着を防止する。
レーザやプレス加工品ををセットするだけで、自動的に洗浄から乾燥までをスピーディーに行うほか、また、SAIWkの防錆効果により、仕上げ製品の品質向上を維持する。
かつて当たり前に仕上げ洗浄剤として使用していた有機溶剤に替わるSAIWは、社員の健康と加工現場の環境改善に貢献する。





☆E-PLAN

「MSW-1000HE」は、板金加工品に付着した油や粉塵、酸化物をスビーティーにキレイに除去することができるメタルシート洗浄機。
同洗浄機は、ケミカル業界とは異なる機器開発メーカーの科学技術から誕生したスーパーアルカリイオン水「SAIW」を採用。この「SAIW」は、用途に合わせて異なるpH値のアルカリイオン水を生成できる。
「MSW-1000HE」は、パンチング・プレス加工の油や粉塵をはじめ、レーザ加工の酸化物をワンパスで洗浄・乾燥。熱・水流・SAIWの3つの要素技術を最高のチューニングで仕上げたハイエンドなメタルシートウォッシングマシン。バーリングなどの表面に突出のある成形加工品や穴の空いた製品に対応。次工程の回転式研磨ブラシへのヨゴレ付着予防、別素材へのヨゴレ再付着を防止する。
レーザやプレス加工品ををセットするだけで、自動的に洗浄から乾燥までをスピーディーに行うほか、また、SAIWkの防錆効果により、仕上げ製品の品質向上を維持する。
かつて当たり前に仕上げ洗浄剤として使用していた有機溶剤に替わるSAIWは、社員の健康と加工現場の環境改善に貢献する。


☆共立精機

共立精機は、ツールプリセッタを用いた刃具交換装置付き自動計測システム「HP-6040V-FA」を披露した。
同システムは、最高性能の画像処理ツールプリセッタ「HP-6040V」に、ロボット搬送装置と刃先突き出し調整機能を持つ刃先交換ユニット、および簡易洗浄装置を接続。さらに工具搬送台車「AGV」を連携させた全自動システム。
切削工具のプリセット作業において、刃具の交換から工具識別・計測・データ転送・工具搬送までフルオートを実現し、生産向上のFA化・IoT化に貢献する。これまで手作業で行っていたツールホルダへのセッティング作業を全自動化することで大幅な時間短縮が可能となるほか、加工機の連続無人運転による稼働率向上に貢献する。
同社では、ツールプリセッタの自動化を実演、披露するデモカーを用意し、全国の加工企業に出向いて実演を行う“全国横断キャンペーン”も実施している。


☆サイバー RC

サイバーRCは、自動工具再研削盤 CYBER RC「Grister 5 Axis」を出展。ドリルやエンドミルなどの様々な工具研削事例を紹介した。
同機は、研削のバリエーションを拡げる軸構成で、ドリル、ステップドリル、ラジアスエンドミル、ボールエンドミル等の豊富な工具の再研削に対応。
グラフィカルで自由度の高いデータ作成システムにより、操作性を向上。
高精度センサにより工具位置を自動で検出するほか、ワンタッチチャッキングシステムにより、段取りを最小限に抑え、工具再研削加工の生産性向上に貢献する。
本体は、W900×D200×H1700㎜とコンパクト設計を実現。
自動潤滑機能により、摺動部グリースアップを不要にする。




☆日東工器

フランジレスデルボ「Cシリーズ」は、電流制御タイプの電動ドライバ。
ドライバ1台で30通りのトルク設定を可能にする。
「Cシリーズ」は、トルク電流制御式で、低電圧ブラシレスモータを搭載。
帯電を防止するESD保護機能をはじめ、手持ち/外部起動が可能で自動機に対応。9段階の回転速度調整機能をはじめ、3段階の自動速度可変機能を搭載する。
また、時間/モータ回転信号の2種類の計測方法を可能にしたほか、ドライバ先端部には7色のLED表示を可能にする。
さらに、NPNおよびPNP切り替え可能、RS=232Cなど2通りの外部入出力信号用接続ポートを備えるとともに、設定ソフトはホームぺージから無償でダウンロード。パソコンで各種設定を行うことができる。
このほか、ネジ締めカウンタ機能も内蔵している。
同機は、コントローラはじめケーブルなど多数のオプションが充実。卓上ロボット、直交ロボット、6軸ロボット等に搭載することで自動機として使用することもできる。
会場では、同機を直交ロボットのヘッドに搭載した自動を披露し、正確で確かなネジ締めの自動化による生産性向上をアビールした。

☆大日金属工業

「DL530」は、高効率モータを採用し、オプションでLED照明を用意。省エネを実現する次世代高性能CNC精密旋盤。
ベッド一体型で高剛性を発揮かるほか、周速一定制御を標準装備。
ハンドル位置は、汎用機と同じで作業者が慣れ親しんだ操作性を実現。ガイダンス加工データ20種類が保存可能なほか、サイクルリピート(教示&再生)を標準装備。
最先端のCNC装置を搭載した。
DAINICHI独自の“優しい”加工ソフトを内蔵したほか、コンピュータ制御装置を“スッキリ”内蔵。NCプログラム不要のニュータイプで、しかもボールスクリュー、カービックカップリング採用により、高機能・高精度を実現。
優れた操作性により、高速・高品質な加工を可能にする。
同機は、「NC機は操作が面倒だ」、「NC機は効果で採算が合わない」、「今さら汎用機を導入しても」といったユーザーに最適な次世代CNC精密旋盤として幅広いシリーズをラインナップしている。

☆グラボテック

グラボテックは、ファイバーレーザ「F20」による様々なレーザマーキング加工を実演し、その性能を披露した。
「F20」は、コンパクトで生産ラインへのマーキングの組み込みが容易なほか、生産ラインやロボットアームなど様々な場所に取り付け可能。感情な構造の高品質なコンポーネントにより、メンテナンスの手間が少なく、安定作業を実現できる。
また、ダストや飛散物からの保護が可能なIP54クラスのヘッドは、過酷な生産環境にも対応する。
高エネルギーレーザによる高速・高精密なマーキングを可能にするほか、粗い面や平滑面、塗装面などあらゆる表面仕様に対し、ハイコントラストなマーキングを可能にする。
3D深彫りを含む、幅広いマーキング加工に対応する。


☆ユキワ精工

ユキワ精工は、“速くキレイに削れるecoなホルダ”として発売以来好評の「グリーンG1チャック」シリーズに、新たにBBT40シャンク・BBT50シャンク・HSK63Aシャンクを追加し、ラインナップを拡充した。
ツーリングシステムは、切削工具と機械主軸をつなぐアダプターの役割を果たし、機械加工における精度を引き出すために重要な役割を果たしている。
生産現場では常に「効率化」や「工程集約」、「コストダウン」といった課題を抱え、それらの課題を解決する為に、ツーリングシステムにおいては、「高剛性」「高振れ精度」「高把握力」の3要素が不可欠になっている。
それらの課題に対しユキワ精工は、従来よりも“より速く、よりキレイに”加工を行う為のツールホルダとして2011年に「グリーンG1チャック」を開発し、好評を得てきた。
今回、市場の要望に応え、新たにBBT40シャンク・BBT50シャンク・HSK63Aシャンクを追加し、ラインナップを拡充した。

☆鬼頭精器製作所

機械加工を営む鬼頭精器製作所は、長年培った技術力を生かし、NC複合旋盤のミーリングユニットの修理を行っている。
同社が提供する「KMSS」(鬼頭精器ミーリングユニット スマートシステム)は、NC複合旋盤の重要部品であるミーリングユニットの事後、定期、予防の保全を行う同社独自のメンテナンスサービスシステム。
部品によっては数10万円から数100万円かかるミーリングユニットのコストを最大約50%削減する。
同システムを導入することで、NC複合旋盤の保全活動の更なる向上を可能にする。
新品購入時よりも低コストで、主軸精度を新品時に回復。
ユニット、設備寿命の向上、保全・修繕費用の削減、突発的なトラブルによる稼働停止の防止、生産計画の安定化など、定期的なメンテンスにより、安定生産を継続できる。



☆クリーンテックス・ジャパン

「オーソマット」は、立ち仕事に従事するあらゆる作業者の疲労を軽減する。
同マッドを作業者の足元に敷くことで、マッドに内包するマイクロバブルが、体重を分散・吸収。床面からの反発を減らし、長時間の立ち作業による作業者の疲労を軽減する。
また、マイクロバブルに含まれる空気が断熱効果を発揮し、床から伝わる冷気を防止する。
火花、切粉、スパッタなどにも強い防炎性能試験合格品で、油や水もしみ込まず変形や収縮しないほか、断熱効果で冷気を防止。
NBRラバー採用により、酸や化学薬品、石油系製品に強く、水分や油分を吸収しないためね雑菌が繁殖しにくいマットとなっている。
同社では穴有り/無しタイプほか、長尺タイプなど、作業環境に適した豊富な種類のマットを準備している。



☆アマノ

アマノは、清掃業界の人手不足の課題解消に応え、自走式自動床面洗浄機「EG-2a」を提案した。
「EG-2a」は、安全性・操作性・ECOを追求した作業者に洗浄機。
保水性の向上を追求した節水・省エネを実現し、無補給で2時間以上作業可能など、ECOな清掃作業を実現する。
同機はコンパクトで壁際や前方の視認性に優れ、旋回性も向上。
操作性や安全性、省エネを同時に追求した洗練された機体デザインに加え、危険性を回避するための安全サポートにより、汚水回収性能の向上を図っている。
同社従来機に比べ、清掃力に繋がるパッド圧力を33%アップしたほか、方向転換時など低速走行時は必要な給水量を自動で調節して節水するなど、走行速度連動制御で節水を図っている。
機種は「EG-2a」及び「EG-2aF」(耐油化型)を用意。
タッチパネルで操作もしやすく、様々な清掃シーンに合わせた効率の良い作業を実現する。

☆柳瀬

「磨研機(マケンキ)」は、近々正式発売を予定しているコンパクトなポータブル卓上研磨機。
加工部品のバリ取りをはじめ、面取り、軽研削、研磨一般仕上げ、鏡面仕上げなど、材質や加工用途に合わせて研磨ディスクを選択することで幅広い加工用途に対応する。
同機は、ワンタッチでディスクの脱着、交換が可能な同社の「セービングシリーズ」を使用することで簡単にディスク交換が行える。
また、M10ワンタッチディスクや15穴ディスクの使用も可能。
装置下部に装備したスタンドを立てることでディスク面の角度が変えられるほか、手持ちのワークに負荷をかけて研磨してもディスクの回転が停止することなく、効率の良い研磨作業を行うことができる。
この他にも、本体をそのままロボットに装着することで、手持ちが困難な重量ワークのロボットを活用した自動研磨にも活用可能など、アイデア次第で様々な研磨加工を実現することができる。

☆富永工作所

「エコスカット」は、アルミや樹脂などのプロック材の面取りを手動で行う面取り機。
高さ20×幅50㎜×長さ50㎜のプロック12稜を約30秒で面取りできるなど、手動にも関わらず高速、高精度な面取りを可能にする。
コンパクトな本体設計で設置場所も取らず、加えてシンプル構造を実現。
片手でテーブルの上に載せたブロック材に手を添え、片方の手でハンドルレバーを倒すことで、すり傷の無いピカピカな面取りを可能にする。
音が静かで切粉の飛散が少ないほか、操作も至って簡単に行うことができる。
機種は、最長150㎜まで対応可能な「エコスカット150」、最長300㎜に対応する「エコスカット300」の2タイプを用意している。
面取り可能な材質は、アルミ合金、銅合金、樹脂に対応する。



☆山科精器

「Edgenein」は、誰でも簡単に、早く安定した鋼板のバリ取りや面取りを行うことができる。
同機は、1.6㎜~36㎜の薄板バリ取りが可能。
バリ取り、面取り、C面取り加工に幅広く対応する。
「Edgenein」は、鋼板移動供給式により、均一化された面取りが可能なほか、直線だけでなく曲線加工も可能。
軸リトラクト機能により、ワーク内径が加工可能なほか、主軸フロート機構により、鋼板の反りに対して追従。一定速度の送り装置によりムラの無い仕上がりを可能にするなど、作業効率を大幅に改善できる。
同機は中小企業等経営強化法に基づく税制措置対象機になっている。




☆育良精機

育良精機は、ハネウェル社製ワークプレイスハーネスの新製品「DL-C1J-H/DL」の国内販売を開始した。
「DL-C1J-H/DL」は、厚生労働省「墜落制止用器具の規格」に適合。
A種墜落制止器具の新規格に適合(DL-C1J-H)し、幅広い利用者に対応可能なフリーサイズ。
最大使用質量100kgに対応する。
独自のクイックコネクトバックル採用により、片手で簡単に装着が可能。
柔らかいベルトで快適な着心地を実現したほか、水平型股ベルト採用により、作業者の動きやすさを追求した。
一方、墜落制止用ランヤード「DL-C1J-DL」は、接続箇所の制約が少ないタイプ2ランヤード。超軽量約260gの高強度アルミニウム製軽量フックを採用。スチール製フック(350g)に比べ、1個あたり90g、約25%軽量化した。
フック類20kN以上、ストラップ22kN以上、フック類とストラップの引張強度を図っている。

☆塩(しお)

整流加工液を勢いよく加工点に送り込む整流水ノズル「RecTIFIER(レクティファイア)」は、現在使用しているクーラントホースの先端を「RecTIFIER」に替えるだけで勢いのある整流加工液が確実にワークを捉え、加工効率が向上する。
金属の切削加工やマシニング加工において、加工液をどれだけ効率よく刃具やワークに当てられるかは重要課題の一つ。しかし、クーラントノズルから吐出された加工液が乱流のままだと加工点に到達しにくくなる。
「RecTIFIER」は、整流加工液を勢いよく加工点に送り込む高機能ノズル。
一般的な丸型のクーラントノズルから吐出された加工液は、ノズルから吐出した瞬間に拡散し、乱流となる。「RecTIFIER」はノズル内部を星形にし、星形の鋭角部分に滞留を発生させ、吐出した後の直進性を高め整流水をつくることができる。これにより、整流加工液を確実にワークや加工点に送り込むことで、加工効率を向上することができる。
同社は、SIOとスナイパーノズル、レクティファイアの整流ノズルの組み合せを初期費用ゼロ、工事費と毎月の使用料支払いだけで自由に使いこなせる経済性に富んだサブスク型モデルの新サービスプラン「ZERO+(ゼロプラス)」も提案している。

☆岡本工作機械製作所

「HPG500NC」は、コンパクトでありながらハイパフォーマンスを実現する高精度小型成形研削盤。NCで容易にトイシ成形を行うほか、上下・前後スケールフィードバックを標準装備。油圧レス構造で高精度な加工を実現する。
同機は、汎用性を残したまま、熟練作業者が行うトイシ成形をNC制御で実現。
従来機のハンドル操作をそのまま踏襲したほか、新たに採用したNC装置により、高度な作業を対話ソフトで実現し、研削サイクルとトイシ成形を容易にする。
上下・前後送りは最小設定0.1ミクロン。
繰り返し位置の誤差0.1ミクロンを実現。
従来機比、フレーム奥行幅1.25倍、質量1.35倍。
PFG500シリーズと比べ、トイシ軸剛性54%アップ。
さらに消費電力やCO2排出量削減効果など、油圧レスで省エネ・環境対策に貢献する。


☆TAMURA

シャウバーは、電子の力で酸化を防ぐ切削液リユース装置。
磁力発電によりマイナスイオンを発生、増加させ、プラスイオンを減少させることで酸化を抑制させている。
同装置は、シャウバー内部で静電気を起こし、プラス電荷をイオン・チューニング・ボックスより放出。フラーレンのエネルギーにより、多くの電子を水にチューニング。
またアトムチップから遠赤外線や育成光線など、様々な光電子を水に与えている。これにより、切削液の酸化を抑え、環境改善に貢献するほか、環境機能で廃油を軽減、大幅なコスト削減を実現できる。
生成した切削液の腐敗を抑えるほか、肌荒れの原因の一つと考えられている切削油と水の酸化を防いでいる。悪臭を軽減するほか、機器や加工物の防錆効果がある。
さらにレジオネラ菌や、一般細菌の繁殖を抑える効果が証明されている。
このほかPHを維持し、カビや酵母の発生を抑制する。
同装置は、電源に頼らず光電子マイナスイオンにより水を活性化させる装置「Dileka」と共に設置することで、現場内の様々な水問題を改善することができる。

☆安川電機

安川電機は、製造業の人手不足に対応する人協働ロボットCollabortiveRobot HCシリーズを提案。展示会にはハンドキャリータイプの「HC10DT」を出展し、ピアブ・ジャパンの「Kenos KCSグリッパー」を装備してペットボトルなどのスマートな搬送実演を披露した。
HCシリーズは、ロボットの近くで作業する作業員の安全性を確保するほか、ロボット動作を簡単に教示。設備のレイアウトが簡単に行える。
また、安全柵が不要なことで設備をコンパクト化することができる。
さらに専用のロボットコントローラやスマートなプログラミングペンダントなどね豊富な機能とコンポーネントにより、多様なニーズに対応する。
HCシリーズの主な用途としては、装置内・装置間搬送、部品整列・箱詰め、製品検査・測定など幅広い用途に対応する。



☆ピアブ・ジャパン

ロボットによる自動化が叫ばれる中、製造業が注目しているのがハンドリンググリッパー。
ピアブ・ジャパンは、金属検知機対応の食品用吸着カップほか、傷つきやすく繊細なワークを取り扱うことが可能な真空ソフトグリッパー、多様な形状の吸着物のフレキシブルな吸着を可能にする究極の協働ロボット用グリッパーなど、個客の自動化、省人化に最適な多数のグリッパーを提案している。
中でも「Kenos KCSグリッパー」は、容易にオートメーション技術を構築することが可能な協働ロボット用吸着グリッパー。
重量を抑えた軽量設計に加え、多種多様なワークにフレキシブルに対応するほか、省エネでパワフルな吸着を実現する。
また、迅速な真空破壊を可能にするブローオフバルブ(オプション)を組み込むことでワークの高速リリースに対応する。
このほか、バルブユニットが備えられていない協働ロボットに接続する場合のバルブユニットをオプションで準備するなど、用途に合わせた多様なグリップを実現できる。

☆ブルーム ノボテスト

光学式信号方式で高速測定が可能なタッチプローブや引っ張り測定が可能なタッチプローブ、加工誤差の素早い検出が可能なフォームコントロールなど生産性の効率化を支援する各種機上ワーク測定ツールを展示した。
さらに、デジログ測定による回転工具の機上測定が可能な「LC50-DIGILOG」や内部無接点方式採用により、長寿命な工具長測定、欠損検知を可能にするツールプローブ「Z-nanoシリーズ」、加えて一般的なモニタリングシステムが電流値のみを使用しているのに対し、電流と電圧で精密な主軸負荷値を検出可能なモニタリングシステム「TMAC」(Tool Monitoring Adaptive Control)など、生産性の効率化を実現する独自の機上工具測定機を出展した。
特に「LC50-DIGILOG」は、30年以上のレーザ測定器販売実績に加え、世界市場で高いシェアを堅持。長/径、摩耗、振れ等の工具測定に加え、欠損、摩耗、チッピング、振れ等の工具検知などアナログ測定により、クーラント環境下でのより信頼性の高い機上工具測定を実現する。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>