モノづくりの未来を見つめる 私的製造業応援サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

工作機器関連最新情報

2019.10.07
THKがLMガイドアクチュエータ「CFK形」受注開始!
2019.09.27
イグスが協働ロボットの安全性を高めるロボットアームホルダー開発!
2019.09.27
SKFの自動潤滑が補給船で高評価!
2019.09.26
ユキワ精工が「グリーンG1チャック」のラインナップ拡充!
2019.09.21
THKが4方向等荷重ローラータイプLMガイド受注開始!
2019.09.12
THKが日本システムウエア、日本マイクロソフトとIoT/AI活用で連携!
2019.8.27
イグスが新歯付きベルト駆動アクチュエータ開発!
2019.7.24
お宝インタビュー! イグス 北川邦彦社長に聞く!
2019.7.23
お宝インタビュー! 富士機工 柴崎一正社長に聞く!
2019.7.23
イグスが薄型軽量の「イグリデュールPRT-04」発売!
2019.7.13
シュンクジャパンがイベントキャラバンカーを導入!
2019.7.12
SKFがハイブリッド軸受寿命モデルを発表!
2019.7.11
SKFがクリーンテクノロジーのスタートアップ企業を買収!
2019.7.10
イグスが最長21mに対応する「eスプール」開発!
2019.6.27
キャプテンインダストリーズが工作機械用照明を発売!
2019.6.19
イグスが6軸ロボットに最適な3次元動作用イーサネットケーブル開発!
2019.6.10
東急建設、THKが建設現場用搬送ロボットの実証実験開始!    
2019.5.31
日本トムソンが超薄形クロスローラベアリングに取付穴付きタイプ追加!
2019.5.31
日本トムソンがコネクティングロッド用ニードルケージの新たな表面処理開発!
2019.5.29
イグスがエナジーチェーン「E2.1シリーズ」のラインアップ拡充!
2019.5.10
イグスが横置きサイド型のプレーンチェーンを開発!
2019.5.09
SKFが交換性に優れた二分割球面ころ軸受開発!
2019.4.26
イグスが2019年「マヌス賞」を発表!
2019.4.17
SKFが軸受評価が簡単スピーディーな新オンラインツール開発!
2019.4.01
SKFがハノーバーメッセで光学ロードセンシング技術を公開!

工作機器関連トピックス

  • イグス

    イグスは、協働ロボットに装備するケーブル保護管を固定する新しいロボットアームホルダーを開発した。

  • SKF

    SKFの自動潤滑が海上ワイヤーロープの安全性の大幅促進、ならびに実用寿命を延長し高い評価を得ている。

  • ユキワ精工

    ユキワ精工は、“速くキレイに削れるecoなホルダ”として発売以来好評の「グリーンG1チャック」シリーズに新たにBBT40シャンク・BBT50シャンク・HSK63Aシャンクを追加し、ラインナップを拡充した。

  • イグス

    イグスは、薄型のドライリンNリニアガイドをベースとした超小型の歯付きベルト駆動アクチュエータ「ドライリンZLN」を開発した。新型アクチュエータは標準部品で構成されているため簡単に組み立てられ、コスト削減と短納期を実現する。

  • イグス

    お宝インタビュー!
    イグス 北川邦彦社長に聞く!
    「私は毎日、会社を売って歩いている」。

  • 富士機工

    お宝インタビュー!
    富士機工 柴崎一正社長に聞く!
    アイデア金型提案!

  • イグス

    イグスは、オートメーション設備や舞台装置、制御パネルなど、小スペースで素早い回転・旋回運動を可能にする、薄型で軽量の新ロータリーテーブルベアリング「イグリデュールPRT-04」を開発した。

  • シュンクジャパン

    シュンクジャパンは、日本法人設立10周年を機に、国内市場における自社製品の拡販ならびに更なるブランドの浸透を目ざし、このほどイベントキャラバンカーを導入した。

  • イグス

    イグスは、このほど最長21mのケーブルやホースを巻き取るスプリング式システムの新しい「eスプール」を開発した。

  • キャプテンインダストリーズ

    キャプテンインダストリーズは、ドイツ・バルトマン社製エリアライト「FLAT-LED LC」およびスポツトライト「SLシリーズ」を発売した。

  • イグス

    イグスは、厳しい条件下で稼働する産業用ロボットのスピーディーな動作に対応する、最大捻回角度±360度のチェーンフレックス イーサネットケーブル「CFROBOT8.PLUS」を開発した。

  • 東急建設、THK

    東急建設(社長:寺田光宏氏)、THK(社長:寺町彰博氏)は、建設現場の資機材搬送を自動化するロボットを共同開発中で、実証実験を行っている。建設現場用搬送ロボットは、段差や複雑な経路も走行可能なロボットで、2020年春の商用化を目指していく。

  • 日本トムソン

    日本トムソンは、IKOクロスローラベアリングシリーズに超薄形取付穴付きクロスローラベアリング「CRBTF」を新たに追加し、6月1日から発売する。

  • 日本トムソン

    日本トムソンは、4サイクルエンジン内で使用されるコネクティングロッド用ニードルケージの新しい表面処理「PMコート」を開発、エンジンメーカ向けの特殊仕様として出荷を開始した。

  • イグス

    イグスは、これまでマイクロサイズのみ利用可能だったエナジーチェーン「E2.1シリーズ」のラインアップを拡充、新たに小型~中型の標準サイズを追加した。E2.1シリーズは静音、迅速な収納を実現。より広い内部空間、簡単なケーブル収納と組付け、長寿命、2パーツ構成を特長とする。

  • イグス

    高速の長いストローク用に横置きサイド型のプレーンチェーンを開発した。同製品は、特別に設計された新型ガイドチャンネルに横置きのエナジーチェーンを装備。コンパクト且つフェイルセーフなエネルギーやデータの供給を実現する。

  • SKF

    SKF Cooperは、堅牢で信頼性の高い二分割球面ころ軸受「231シリーズ」を開発した。
    同シリーズは内径240~450mmの範囲から選定可能で、一般的に鉱業で使用するコンベヤおよびスタッカー・リクレーマ等、特に鉱業分野に貢献する。

  • イグス

    イグスGmbHは、高性能樹脂製ベアリングを採用した創造性に富んだアプリケーションを表彰するマヌス賞の受賞者を発表した。金賞にはスコットランド企業の「オフショア検査装置」、銀賞にはミュンヘンの「フローティング・カタマラン」、銅賞にはフランスの「運転支援システム」が受賞した。

  • SKF

    軸受の選定・評価プロセスをより迅速・簡単に行えるオンライン軸受選定ツールをバージョンアップし、運用を開始した。新バージョンは運転パラメータの範囲に基づいた軸受の選定が簡単に行えるうえ、自動計算による結果を1分未満で作成する。

  • SKF

    SKFはドイツ・ハノーバーメッセのスウェーデンCo-Labパビリオンにおいて、機械の抜本的な信頼性向上を可能にする新光学センシング技術を披露。同技術は、荷重、速度、温度やその他パラメーターを測定し、即時に機器性能の概要を提供する。

 

トップに戻る

OTAKARA FOCUS

加工・産業別INDEX

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>