ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

ロボット関連最新情報

2019.12.28
不二越が中型ロボット「MZ25」を追加ラインナップ!
2019.12.26
セイコーエプソンが複数のエプソン製ロボットを一括管理する「ロボット管理システム」開発!
2019.12.26
デンソーウェーブがマルチモーダルAI技術による「コンプライアンス制御/フロー生成/模倣動作学習」実現!
2019.12.26
デンソーウェーブがベッコフオートメーションと新ロボットコントローラー「RC 9」開発!
2019.12.26
デンソーウェーブが垂直多関節ロボット新型「VM」と「VL」シリーズをラインナップ!
2019.12.26
デンソーウェーブが画像処理ソフトウェア内蔵 人協働ロボットリリース!
2019.12.24
イグスがスライド走行用試験施設を新設!
2019.12.26
川崎重工業が研削・バリ取り・表面仕上げ用遠隔操縦ロボットシステム販売!
2019.12.18
THK、ミズノが人型サービスロボット専用の空冷ウエア共同開発!
2019.12.18
THKなど4社が製造業向けIoTサービス「OMNIedge」を受注開始!
2019.11.27
アマノが自動床面洗浄機「EG-robo」開発!
2019.11.13
スリーエムジャパンが「3M ロボット研磨ラボ」を開設!
2019.10.07
スギノマシンがスイングアーム式コラムロボット防水タイプ開発!
2019.09.27
イグスが協働ロボットの安全性を高めるロボットアームホルダー開発!
2019.7.25
ファブエースが板金現場に最適なソリューション提案!   
2019.6.19   
イグスが6軸ロボットに最適な3次元動作用イーサネットケーブル開発!   
2019.6.10   
東急建設、THKが建設現場用搬送ロボットの実証実験開始!   
2019.4.10   
ファナックが新スポット溶接ロボット開発!

ロボット関連トピックス

  • 不二越

    不二越は、自動化ニーズが高まる自動車部品・一般産業機械分野をターゲットに、好評のMZシリーズの中型ロボット「MZ25」(25kg可搬)を追加した。

  • セイコーエプソン

    セイコーエプソンは、製造ラインの複数のエプソン製ロボットを、ネットワーク接続されたPCやタブレット端末で一括管理できる「ロボット管理システム(Epson Robot Management System)」を開発した。

  • デンソーウェーブ

    デンソーウェーブは、垂直多関節ロボット新型「VMシリーズ」と新たに「VLシリーズ」を開発、2020年7月から販売する。

  • デンソーウェーブ

    デンソーウェーブは人協働ロボット「COBOTTA®(1)」に、キヤノン製画像処理ソフトウェア「Vision Edition-C」を内蔵したバリエーションを開発した。

  • セコツールズ

    セコ・ツールズは、ウェブサイトで完全包括的なオンラインサービスを提供し、ユーザーの注目を浴びている。オンラインサービスはユーザーニーズに対応するので、ウェブストア全体と電子データ交換(EDI)サービスを利用することができる。

  • THK

    THKとミズノは、2018年10月17日に発表した人型サービスロボット専用の空冷ウエア「エアリージャケット」をこのほど共同開発、公開した。

  • アマノ

    業務用床面洗浄機開発48年のアマノは、自動床面洗浄機「EGシリーズ」をベースとした高機能な製品を市場投入している。

  • スリーエムジャパン

    スリーエムジャパンは11月13日、相模原事業所内にロボットを活用した研磨作業の自動化を検証する研磨ラボ「3M ロボット研磨ラボ」を開設した。

  • スギノマシン

    スギノマシンは、産業用ロボット「スイングアーム式コラムロボット」の新タイプとして、同社の高圧洗浄機や工作機械の室内に組み込みが可能な防水タイプのロボットを発売した。

  • イグス

    イグスは、協働ロボットに装備するケーブル保護管を固定する新しいロボットアームホルダーを開発した。

  • ファブエース

    イファブエースは、MF-Tokyo2019にハイブリッドクリンチングプレス「FCP-50i」をはじめ、平板用洗浄機「FW-800」、ユニバーサルロボット製「協働ロボット」、オーティーシーマシナリージャパン製プレスブレーキ「Smart7」を出展する。

  • イグス

    イグスは、厳しい条件下で稼働する産業用ロボットのスピーディーな動作に対応する、最大捻回角度±360度のチェーンフレックス イーサネットケーブル「CFROBOT8.PLUS」を開発した。

     
  • 東急建設、THK

    東急建設(社長:寺田光宏氏)、THK(社長:寺町彰博氏)は、建設現場の資機材搬送を自動化するロボットを共同開発中で、実証実験を行っている。建設現場用搬送ロボットは、段差や複雑な経路も走行可能なロボットで、2020年春の商用化を目指していく。

  • ファナック

    世界各国の自動車メーカーの車体製造スポット溶接工程で採用されているスポット溶接ロボットR-2000iシリーズに、中空構造を採用した新バリエーションの「R-2000iD/210FH」を開発、追加した。

  • トップに戻る

OTAKARA FOCUS

2019 東京機械加工システム展

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>