ビジネスチャンスが見える情報サイト

お宝WEB新聞
最新情報満載 大好評配信中!
HOMEに戻る

積層造形関連最新情報

2020.3.29
テクノソリューションズが世界初の複合炭素繊維3Dプリンタ発売!
2020.3.23
三菱重工工作機械が第49回日本産業技術大賞「審査委員会特別賞」受賞!
2020.3.17
コヒレントが小型ワーク向け金属3Dプリンタを提案!
2020.2.25
愛知産業が「ものづくりワールド次世代3Dプリンタ展」の出展を中止!
2020.2.17
ソディックが大阪と大宮で先端加工技術を提案!
2020.2.8
三菱電機が金属3Dプリンタ「EZ300」を出展!
2020.1.21
ソディックが大阪と大宮で「新春プライベートショー2020」開催!
2020.1.14
武藤工業が小型フラットベッドLED UVプリンタ2機種発売!
2020.1.10
JBMEがWEB上に3Dプリンティングセンターを開設!
2019.09.13
三菱重工工作機械がEMO Hannover 2019に出展、欧州市場の販売活動強化!
2019.09.12
スギノマシンが金属積層造形機能搭載小型同時5軸マシニングセンタ開発!
2019.09.12
プロトラブズが「名古屋オートモーティブワールド2019」出展!
2019.8.30
三菱電機が電子ビーム金属3Dプリンター「EZ300」発売!
2019.7.12
日本HPが3Dプリンティングソリューション2シリーズを拡充!
2019.6.28
C&Gシステムズが同時5軸AM対応のハイブリッドCAM発売!
2019.5.15
プロトラブスが2019年度第1四半期売上高1億1,350万ドル達成!
2019.4.18
アルテックが大型3Dプリンタ導入!
2019.4.15
ソディックが金属3Dプリンタ活用事例セミナー開催!
2019.4.04
ソディックが世界初金属3Dプリンタの造形で残留応力抑制に成功!   

積層造形関連トピックス

  • テクノソリューションズ

    テクノソリューションズは、世界初の複合炭素繊維造形が可能なMarkforged製3Dプリンタを発売している!

  • コヒレント

    コヒレントは、小物ワークの生産や研究・開発、教育用途に最適な小型ワーム向け金属3Dプリンタ「CREATOR」を発売している!

  • ソディック

    ソディックは、西日本支店大阪営業所と東日本支店大宮営業所で「新春プライベートショー2020」を開催し、最新加工機を用いた金型から成形加工に至る先端加工技術をトータルで提案した。

  • 三菱電機

    三菱電機は、2月26日(水)から幕張メッセで開幕する「第2回次世代3Dプリンタ展」に金属3Dプリンタ「EZ300」を出展する。

  • ソディック

    ソディックは、西日本支店大阪営業所(2月7日~8日)と東日本支店大宮営業所(2月13日~14日)で「新春プライベートショー2020」を開催する。

  • 武藤工業

    武藤工業は、オーダーグッズ、ノベルティ、少ロット多品種用途などの印刷業界向け小型フラットベッドLED-UVプリンタの新製品「XpertJet 461UF」と「XpertJet 661UF」の2機種を発売した。

  • 三菱重工工作機械

    三菱重工グループの三菱重工工作機械は、加工が難しい内歯車の高速・高精度研削加工や指向性エネルギー堆積法と言われ、熱エネルギーの集中を利用して材料を溶融する積層造形プロセスのデポジション方式を採用した金属3D(3次元)プリンタなど、同社グループ独自の工作機械関連技術・製品を欧州市場から世界市場にかけて販売活動を強化していく。

  • スギノマシン

    スギノマシン(社長:杉野良暁氏)は、金属積層造形(Additive Manufacturing)機能を搭載した小型同時5軸マシニングセンタ「XtenDED」を開発、9月16日(月)~21 日(土)ドイツ・ハノーバーで開催れる欧州最大規模の工作機械見本市EMO Hannover 2019に出展する。

  • 三菱電機

    三菱電機は、国内で初めて電子ビームを熱源とする粉末床溶融結合方式を用いた金属3Dプリンター「EZ300」を9月2日に発売する。

  • 日本HP

    日本HPは、新たな3Dプリンティングソリューションとして、「HP Jet Fusion 5200」シリーズと「HP Jet Fusion 500」シリーズを2019年9月から出荷する。

  • C&Gシステムズ

    C&Gシステムズ(社長:塩田聖一氏)は、金属または樹脂によるアディティブ・マニュファクチャリング(AM:付加製造)の機能を搭載した同時5軸制御対応のハイブリッドCAMシステム「CAM-TOOL AM」を7月から発売する。

  • アルテック

    アルテックはストラタシス社の大型3Dプリンタ「F900」を2台導入、大型造形ニーズに対応する。「F900」は、FDM(熱溶解積層)方式で、ストラタシス社の同方式の3Dプリンタの中でも最大モデル。造形可能サイズは、914(X)×610(Y)×914(Z)㎜と大型造形に対応する。

  • ソディック

    ソディックは4月12日、本社技術・研修センターで「金属3Dプリンタによる成形活用セミナー」を開催。当日は定員を超える大勢の参加者が詰めかけ会場は満席となった。セミナーでは、ソディックの金属3Dプリンタでモノづくりを行うソディック エフ・ティと伊福精密が独自の取り組みを紹介した。

  • ソディツク

    金属3Dプリンタによる加工における造形物内部の残留応力を抑制する技術「SRT工法」で特許を取得した。同技術を使用することで造形後の応力歪を1/10(社内評価造形形状)に抑制することが可能となり、大型金型部品の安定造形を可能にする。

トップに戻る

OTAKARA FOCUS

2019 東京機械加工システム展

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧・></a></div><!-- /.totop -->
</body>
</html>